LOG IN

『生き神クマリTシャツ』発売に寄せて

by 写真家 MiNORU OBARA

 この度、ネパールを旅して、その途中、宿でデザインした『生き神クマリTシャツ』。きっと「クマリって何のこと?」と思われる方も多いと思いますので、少しだけお話しさせてください。

 今回、旅先をネパールに決めた一番の目的が、『クマリ』に会うことでした。

 

 クマリとは、分かりやすくで言うと「生き神さま」。生きた人間に神様を継承させるという、ネパールに今も残る生き神信仰の象徴的存在です。

 ・・・全然分かりやすくなかったですね。

  もう少し噛み砕きましょう。(できるかなぁ・・・)

 ネパールには、およそ三千万人の人が暮らしています。中国やヒマラヤやインドと国境を接しているためか、数多くの民族からなる多民族国家でもあります。そのネパールで信仰されている二大宗教が、仏教とヒンドゥー教。クマリは、ヒンドゥー教の神として、今を生きるとされています。

 ヒンドゥー教にはたくさんの神様が存在しているようですが、有名なのが、「ブラフマー」、「シヴァ」、「ヴィシュヌー」。この三体が三神一体とされ、それぞれ、創造、破壊、維持、の神様なんですね。ヒンドゥー教は、登場人物が多く、かなり複雑なのですが、この三神からどんどん子どもが生まれて一族になる、という人間と同じような世界が繰り広げられています。なかなか面白い。

 皆さんは、「ガネーシャ」って聞いたことありますか?体は人間で頭は象の形をした富と学問の神様です。アジアン雑貨店などで、よく見かけるアレですね。 

ガネーシャ。(遠っ!!)

 見たことあります?

 このガネーシャは、先ほどお話したシヴァ神の長男とされています。性別もあるんですね。もはや見た目じゃ分からない。

 そして、今回の話題の中心クマリは、シヴァ神の奥さんの一人、ドゥルガー神と同一視された存在だと信じられています。

 つまり、クマリは日本でも有名なガネーシャのお母さんなんです。

 なんとなく、身近になってきましたか?笑

 さて、肝心なクマリですが、サンスクリット語で、「処女」や「少女」と言う意味なのだそうです。そして、その名の通り、人間の少女に代々受け継がれます。

 もちろん誰もが選ばれると言う話ではなく、聞くところによると、まずは「ネワール族である」ことから始まり、「牛が首を切り落とされた場面を目の当たりにしても怖がらない」など、32個の条件があるそうです。

 そして、儀式に則って継承者が決められるのだそうです。

 クマリはまさに神様なので、普段は人前にお目見えすることはありません。そんなクマリが、唯一人前にその姿を表すのが、インドラ・ジャトラという大祭の時です。合計8日間続くお祭り期間中で、お目見えはたったの三日間。三日間と言っても一日ずつ山車に乗って街をぐるりと周るだけなので、時間にするとお目見えは一年間でほんの数時間あるかないかなのです。

 そのインドラ・ジャトラに、今回参加してきたというわけです。(やっと話が繋がった。)

インドラ・ジャトラ。凄まじい群衆の中をクマリを乗せた山車が巡行する。

 とにかく、恐ろしいほどの群衆でした。何度も押しつぶされそうになりました。しかし、クマリに会うために、耐え続けました。笑

 そして、やっとのことでお会いできたクマリを間近で撮影させていただいた写真を、この度Tシャツにしたわけです。本当は撮影禁止。今回は特別に許可をいただきました。

 冗談抜きで、クマリにもっとも近づいた日本人は僕だと思います。たぶん。笑

 それはさておき、そんな、なんともご利益のありそうなTシャツです。

 さらにもうひとつのショートストーリーを。

 生き神様にお会いしたヒンドゥー大祭の裏側で、僕は4000ルピー(およそ4000円)とスマホとwifiルーターを失くしました。

 ただ落としただけか、すられたのかは、定かではありませんが。

 しかし、不思議と欠乏感や悲壮感はありませんでした。逆に、僕の幼少期に祖母がしつこく言っていた「すべては流れの中にある。」という、言葉がやっと腑に落ちたのです。「4000ルピーも、スマホもwifiルーターも、少しの間僕の所に留まってくれただけで、また次のどこかへ流れて行っただけのだ」と。例えば、誰かのご飯代になったり、リサイクルされて新しい機械になったり。

 生き神クマリも、初潮を迎えたら、また新しいネワール族の子どもに引き継がれ、一般人と同じ生活をするのだそうです。

 すべては流れの中にある。

 そのことに気づかせてくれたインドラ・ジャトラ。

 感謝の想いも込めて、Tシャツにはそんなキャッチコピーも添えました。

 また、ヒンドゥーで聖なる花とされているマリーゴルドをモチーフにしたデザインも施しています。

 そんな、思いが詰まった旅の一枚。

この機会に、ぜひご覧くださいませ。

     写真家 MiNORU OBARA

クマリのお目見え。クマリは足を地につけてはいけない。山車に施されたマリーゴールド。

「生き神クマリTシャツ」atelier "まもの" にて販売中。

studio MONSTER official web site

※当サイト内のデザイン及びその他の制作物は著作権法により保護されています。無断転用・転記などの行為は法律により禁じられています。

OTHER SNAPS